審美歯科

審美歯科

本来審美歯科の目的は「歯の機能回復」で「セラミック治療」「ホワイトニング」「矯正治療」などさまざまな治療法があります。噛み合わせや歯並びの悪さによって起こる症状を回復し、その結果として歯並びを整え、歯を美しくするということにたどり着くのです。ご自分の歯を長持ちさせる為にも、整った歯並びや正しい噛み合わせを手に入れることが重要なのです。

セラミック治療

歯の詰め物や被せ物など、保険範囲内では金属やレジンという素材で治療されますが、どうしても口をあけたときにギラギラして見えてしまったり、特に前歯などは白い樹脂を使用したところで、どうやっても不自然な色になってしまいます。そういった場合に、お奨めなのが「セラミック治療」です。他の素材に比べて天然の歯に最も近い色調と透過性を再現でき、驚くほど自然な感じに仕上がります。

【セラミッククラウン】
歯の全面にセラミック製のクラウン(冠)をかぶせ、しっかりと固定する方法です。削った歯の型をとり、その歯型によってセラミックで製作したクラウンを合わせて、歯の色や形、歯並びなどの審美的要素をバランス良く修復し改善するものです。セラミックの持つ特殊な材質を十分に生かし、本来の健康な歯と同じかそれ以上の色や形を再現しますので、きわめて審美的効果が高い方法と言えます。この治療の適応性は、位置がずれている歯、変色している歯、重度の虫歯、奇形歯、金属アレルギーの人などです。この治療の利点は、金属を全く使用しないので、金属アレルギーの方にも安心して受けることが出来ること。そして自然歯のような仕上がりになる事も上げられます。欠点としては、歯を大幅に削る必要があったり、あらかじめ神経の処置が必要になる場合があります。

【ハイブリットセラミックス】
ハイブリッドセラミックスとは、ファインセラミックスに微量のレジン(プラスチック)を混ぜ合わせた新素材です。天然歯に近い色調を再現できるので審美性に優れている他、従来のレジンよりも強度があるため、前歯だけでなく奥歯にも使用でき、歯とほぼ同じ硬さで、噛み合わせも自然です。また、金属アレルギーの方にも安心して使用できます。

ホワイトニング

歯の表面の着色汚れを除去することで、歯を白くします。歯に優しい歯科用のクリーニング剤を使用して、丁寧に ソフトに、歯を磨きあげて白くします。歯の表面をつるつるに磨きあげるため、着色汚れがつきに くい歯にもなる効果も期待できます。
私の感覚としては、歯の色は個性の一部と考えていた時期もありました。しかし、私の考えている以上に歯の色を気になって悩んでいる方が多いので、歯にダメージが少ない治療法を選びました。機械によるブラッシングがベースのため、施術に際して、特に痛みを伴うことはありません。その白さに満足できない時はオフィス審美歯科を行います。

ホワイトニング

治療例1:ホワイトニング

治療例1

治療例2

治療例2:ホワイトニング

治療例3

治療例4

ホワイトニング Q&A

痛みはないですか?
歯の状態(破損、亀裂、磨耗、知覚過敏などを除き)が悪くなれば、痛みはでません。ただし、知覚過敏を発症することが稀にあります。
ホワイトニングは誰でもできますか?
誰でもできるというわけではありません。ホワイトニングが有効かどうかは相談してください。虫歯が多い場合や知覚過敏がある場合、また歯に大きな亀裂がある場合には、ホワイトニングが出来ない事があります。人口歯・詰め物・金属により変色してしまった歯などは、ホワイトニングができません。
効果はどれぐらい維持しますか?
ホワイトニングの効果は永久では有りません。ホワイトニングの効果を少しでも維持させる為には、日常のお手入れがかかせません。たばこ・コーヒー・紅茶・コーラ・カレー等が歯の着色を促進します。1年に1〜2回、1〜2日の追加ホワイトニングを行う事により解決します。
治療期間はどれくらいですか?
歯が白くなる期間には個人差があります。また、歯によっても白くなり易い歯となりにくい歯があります。歯科医師がシェードガイドにより現在の歯の色を測定しホワイトニング後の色を予測しますがはっきりと期間と効果を限定することは出来ません。通常は2週間ホワイトニングを続け、効果を判定してから終了か継続かを決定します。